スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもにとっての家って?

P6021929~1a
こどもにとっての家ってどんな存在?

先日娘が奥様に言ってたそうなんですが、おうちが古くなっていくのが寂しい、

建替える前の古いおうちみたいになるのが寂しいらしいです。

新しいおうちもいいけどセピア色に変わってくおうちも思い出が刻まれている感じで

なかなかよくないですか?親はそう思っているのですが・・・・

でもきっと今が子供にとって心地よいんでしょうね。新しい・古いというよりも

どこにいるよりも落ち着く、安心できるのが、家族と楽しく過ごせる家だから

と勝手に親は捉えてしまいました。

子どもにとって家は空間体験の原点、だから生まれ育った家は、いつまでも記憶の中に

残ってますよね。

おうちって子供を育ててあげる役割も持ってると思うんです。

ビジネスの世界では、人を育てるのは最重要課題。

まず子供の人間形成の基本的な部分を創ってあげるのはおうち。

小さいころ障子紙を張り替えたり、ガラス拭きをお手伝いしたり、親子でケーキを作ったり

おうちでのたくさんの楽しい思い出が子供を育てていくのでしょうね。




♪ランキングに参加してます。クリックしていただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
にほんブログ村

花・ガーデニング ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


- :
管理人の承認後に表示されます >>リンク

2012.06.19

<<前の記事へ 次の記事へ>>