スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お風呂のなかのお風呂

リクシルのラ・バスというシステムバスがあります。

最もお風呂らしいという意味合いが込められているそうです。

台数ベースだとおそらくNo1・2の売れっ子でもあると思います。

コストパフォーマンスに優れていて尚且つここがいいというところが多いのがおすすめな理由です。

cfe_idx_co07_01_imgz.jpg
*画像お借りしてます。

まずはキレイドア、ドア下の換気ガラリがない、そして樹脂パネルと枠の間にうめてあるパッキンが

浴室側にないこと、ここ汚れるんですよね、自分のなかではこのドアかなりいいね!です。

lab_idx_co01_imgz.jpg
*画像お借りしてます

次に写真の浴槽と壁パネルの取り合い部分です。

浴槽の縁が少し立ち上がっているのがわかりますでしょうか?

この立ち上がりがあると汚れ度合いが全然ちがってきます。

cfe_idx_co03_03_imgz.jpg
*画像お借りしてます。

その次はサーモフロアーです。洗い場の床材なんですがヒヤっと感がないんです。

浴室の扉をあけて最初の一歩がスムーズになります。

そのほかおなじみのくるりんポイもありますし選べる壁パネルのデザインも豊富で

選ぶ楽しみがありますかね。

一見各メーカー変わらないと捉えられてる方も多いかと思いますが、

細かいところによく目を向けるとけっこう違いあるんですよね。

使いはじめたら大きな違いとなってきます。

よくよくご検討を!


   *お風呂のリフォームでご相談がありましら返信先を教えていただければ

    お答えできる範囲内でアドバイスさせていただきます。



♪いつも感謝しております!毎日の更新の励みになりますのでポチっとお願い致します!♪
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
にほんブログ村

花・ガーデニング ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

管理人のみ閲覧できます - : 2012/07/26 (木) 06:48:56 修正

このコメントは管理人のみ閲覧できます

kibi : 2012/07/27 (金) 07:12:48 修正

水回りって常にキレイにしていたい場所ですものね。
パッキンはカビキラー必須ですから、これはいい!
チェックしてきます!

kibiさんへ nao : 2012/07/28 (土) 00:09:42 修正

こんばんは!
水廻りは気を抜くとあっといまに汚れてしまいますよね。
いつも綺麗に・清潔にしておきたいですね。
修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>